妊活卒業のために!授かる身体づくりをサポートする飲み物を紹介

授かるカラダづくり 妊活・不妊におすすめの飲み物カタログ

TOP » お酢を摂取することによる妊活への影響

お酢を摂取することによる妊活への影響

お酢

お酢は古くから体にいいといわれていますが、妊活にも役立つといわれています。

ここでは、妊活にお酢がおすすめである理由やお酢の種類、お酢の賢いとり方をご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

妊活中にお酢がおすすめである3つの理由

なんとなくよさそうなイメージはあっても、お酢が体にどのような影響を与えるのかわからないという方も多いのではないでしょうか。実は、お酢には妊活に役立つ以下のような働きがあるのです。

理由1. 疲労回復に関わるアミノ酸やクエン酸などが含まれている

酢にはアミノ酸、クエン酸といった成分が豊富に含まれていますが、これらの成分は疲労回復に効果があるといわれています。現代女性は、仕事に家事、人間関係など様々なストレスを抱えがち。

身体的、精神的に不安定な状態が続くと、妊活にも悪影響を与えてしまうことがあります。また、妊娠中は体のバランスが乱れて疲れやすい状態に。

疲労回復に関わる成分が含まれたお酢で、疲れにくい体を目指しましょう。

理由2. 血流を促進し体に栄養を行き渡らせる効果が期待できる

酢には、血流をよくする働きもあるといわれています。血流がよくなると、栄養が体の隅々にしっかり行き渡るようになります。子宮・卵巣といった妊娠のために大切な体の器官にも栄養が行き渡り、妊娠しやすい体づくりがサポートできます。

理由3. 飲み続けることで高血圧予防を助ける

お酢を飲み続けることで、血圧が下がったという研究結果があります。一定期間酢を飲み続けた人とそうでない人のデータを比較すると、内臓脂肪や血中脂肪も減少していることが判明しました。

妊娠中は高血圧になりやすい傾向にありますが、お酢を取り入れることでこのような心配も軽減できそうです。さらに、食事を摂取した際に急激に血糖値が上がるのを防いでくれます。

参考URL

妊活によいといわれているお酢の種類

黒酢

酢には様々な種類がありますが、健康や妊活に効果的といわれている酢だけでも次のような種類があります。

それぞれについてチェックしてみましょう。

穀物由来で種類も豊富な「黒酢」

江戸自体から日本で親しまれてきた黒酢は、穀物由来でできており、まろやかで香り高いのが特徴です。種類も豊富なので、いろいろと飲み比べて自分に合う黒酢を見つけられるのも嬉しいですね。

美容大国韓国でもおなじみの「ザクロ酢」

ザクロ酢は美容大国の韓国でも親しまれている酢です。ザクロにはビタミンCや抗酸化作用が高いとされるポリフェノール、エストロゲンという女性ホルモンが含まれているといわれています。

血糖値を下げるといわれる「りんご酢」

血糖値を下げるのに効果的といわれているりんご酢。疲労回復の他ダイエット、高血圧予防、むくみ予防など、女性の悩みの解決につながる力が詰まっています。お酒などと割っても飲みやすく、ドレッシングとして使用している人も多いようです。

卵と酢の力で妊娠しやすい体づくりをサポートする「卵酢」

なかでもおすすめなのは卵酢。その名のとおり卵から作られた酢で、少し独特の風味があります。卵にはタンパク質、ビタミンなどがバランスよく含まれており、酢の力と合わせて妊娠しやすい体づくりをサポートしてくれます。

妊娠に大切な基礎代謝が安定しだした、体温が高くなったという声もあがっているようです。

お酢を賢く摂るには調味料として使う方法がおすすめ

お酢はそのまま飲むだけでなく、調味料としても取り入れられます。

酢を使った料理でも人気なのがもずく酢。もずくにはフコダイン、ミネラル、ビタミンといった成分がたっぷり含まれています。葉酸やビタミンEなど、その他妊活をサポートする成分もお酢と一緒にとることが可能です。

タンパク質が豊富な鶏肉を、酢と砂糖、みりん、しょうゆで炒めるのもおすすめ。お酢がさっぱりとした味わいにしてくれて、お疲れ気味でもパクパク食べることができますよ。

また、元気な赤ちゃんを育てるためには妊活中・妊娠中にカルシウムをたくさん摂取することが大切ですが、酢にはカルシウムの吸収を高める力も。お酢を牛乳やヨーグルトと割って飲んだり、魚料理にお酢を使ったりするという方法がありますよ。

そのままで飲む場合、飲みにくいと感じる方はお酢を水や炭酸水と割ると、ジュースのような感覚で飲むことができます。空腹時にそのまま飲むと、胃や腸に負担となってしまいますので注意しましょう。

「赤ちゃんができた」の報告多数!烏骨鶏の卵酢ってご存知ですか?