妊活卒業のために!授かる身体づくりをサポートする飲み物を紹介

授かるカラダづくり 妊活・不妊におすすめの飲み物カタログ

TOP » ルイボスティー

ルイボスティー

ルイボスティーが妊活に良い理由

ルイボスティーに含まれる成分に着目

ルイボスティー

ルイボスティーには、ホルモンの一つである「エストロゲン」と同じ作用を持つ成分が含まれます。

「エストロゲン」は受精卵の着床を助けるために子宮内膜を厚くする働きもあり、妊活中の人におすすめです。

また、ルイボスティーに含まれる酵素は、卵子・精子の老化スピードを遅らせるといわれており、妊娠しやすい体づくりにも期待されます。

ルイボスティーの口コミ:妊娠しやすい体づくりへの効果

ルイボスティーは冷え性改善にも一役!

ルイボスティーには、冷え性の改善効果がある「カリウム」、「ポリフェノール」が豊富に含まれています。さらにルイボスティーは、一般的には発酵させたタイプのお茶なので、お茶自体に体を温める効果があります。非発酵のルイボスティーもありますが、冷え改善には発酵させているタイプを選びましょう。

ルイボスティーの口コミ:冷え性改善への効果

不妊にはどう?

妊活・不妊の方へおすすめの飲み物はこちら

ルイボスティーで妊活。鍵はタイツー活性化♪

そもそもタイツーって何?

ルイボスティーに期待されているものとして、タイツーの働きをサポートしてくれるのではないか、というものがあります。タイツー(Tie2)というのは、全身の毛細血管にくっついている受容体です。

マウスを使った実験によれば、タイツーの機能が壊れていると、うまく血管をつくったり維持したりすることができず、マウスは正常な形で生まれることができなかったとのこと。つまり、タイツーが元気に働いていると、毛細血管は健康的な状態を維持できるのではないかと考えられているのです。

毛細血管は、食事によって取り込んだ栄養や酸素を体の隅々に届ける道路のようなもの。人間の血管はおよそ99%が毛細血管だとされており、血管のケアは健康状態の維持に欠かせません。道路の状態がボロボロだったら、栄養を体のスムーズに届けられないからです。

しかし、ルイボスティーにはタイツーをサポートする働きがあるのではないかといわれています。

タイツーをサポートすると妊娠によい理由

妊娠や出産は、母体にとても大きな負担をかける行為です。不健康な状態で妊娠をすると、母体にも子供にも負担をかけてしまいます。妊活をするのであれば、妊娠を目指すだけでなく妊娠したあとのことを考えて健康的な生活を送ることが大切です。

そもそも、睡眠不足や体調不良で生理不順になっていると、スケジュールを立てて妊活することができません。タイツーの働きで血管の健康が維持されれば、冷えなどの悩みも気にならなくなるでしょう。体調を整え、妊娠に向けた体づくりをするために、ルイボスティーによるタイツーのサポートがおすすめなのです。

タイツーをサポートしたい場合の注意点

ティーバッグをカップに入れてお湯を注いだだけだと、ルイボスティーの成分が十分お湯に溶け出しません。タイツーのサポートを期待してルイボスティーを飲む場合は、しっかり時間をかけてルイボスティーを煮出しましょう。

ルイボスティーの飲み方と注意点

ルイボスティー ティーポット

紅茶や緑茶は煮出しすぎたり、ティーポットの中に茶葉を入れたままにしたりすると、苦くなって飲みにくくなってしまいます。

しかし、ルイボスティーはティーバッグのままゆっくりと10分以上煮出すのがおすすめです。こうすることで、ミネラルや抗酸化作用のある成分をたっぷり抽出することができ、ティーバッグから出てくる成分を逃すことがありません。

なお、ルイボスティーを飲むのに最適な量は1日500ml程度とされているので、飲みすぎない程度にしましょう。

効果的とされる飲み方

ルイボスティーを飲む際の注意点は、

です。基本的に、冷たい飲み物は内蔵を冷やしてしまいます。胃腸の消化吸収を損ねるような方法で飲み物をたくさん摂取すると、冷え性や消化不良などを引き起こしてしまう可能性があるため、ルイボスティーを飲むときはケトルややかん、手鍋などでしっかりと煮出し、温かいまま飲みましょう。

おすすめは、朝にまとめて1日分のルイボスティーを煮出して、保温ポット等に入れておくことです。カップに注ぐだけで飲めるようにしておけば、手軽にルイボスティーを楽しめます。

また、人間の体は水分を一気に吸収するようにはできていません。500mlや1Lのルイボスティーを短時間でガブ飲みすれば、効率よく栄養補給できるという訳ではないのです。水溶性のビタミンや取りすぎた水分は、汗や尿としてすぐに排出されてしまいます。目安としては、カップ1杯(180ml)程度のルイボスティーを、1時間に1回飲むようにしましょう。

ルイボスティーは、食前から食中のドリンクにも向いています。砂糖不使用のルイボスティーはカロリーがほぼゼロなので、ジュースや甘いお茶に比べて太りづらいです。

実験データ等はないものの、ルイボスティーは食後の血糖値を抑える手助けをするのではないかともされています。血糖値の急激な乱高下は体に負担をかけてしまうため、とくに炭水化物(お米やパスタなど)を食べるときは、ルイボスティーを食事のお供にしましょう。

ルイボスティーの選び方

オーガニックのものを選ぶ

ひとくちにルイボスティーといっても、価格帯はさまざま。ただし、いくらルイボスティーでも、品質の低いものを飲んでは意味がありません。そこで最低限おすすめしたいのが、有機栽培されている商品を選ぶこと。

商品名で「オーガニック」や「有機栽培」とうたっているものを購入してもよいですが、より確実に高品質なルイボスティーを選びたい場合は、世界基準の有機認証基準である「エコサート」や、「有機JASマーク」がついている商品を選びましょう。

予算内でなるべくグレードの高いものを選ぶ

ルイボスティーのグレードは、茶葉として使っている場所によって変わります。枝の真ん中より下、真ん中、先端とグレードが上がっていくため、ルイボスティーの味が苦手な場合は、いま飲んでいるものよりグレードの高いものを試してみましょう。

大容量のものを選ぶ

ルイボスティーを飲む際に大切なのは、毎日こまめに飲み続けることです。例えば、週に1度は最高品質のルイボスティーを飲み、他の日は少し値段の安い100袋入り等の大容量パックを飲むようにすれば、無理なくルイボスティーを楽しめます。

和食をよく食べるならグリーンルイボスティーを選んでみる

ノンカフェインでほぼゼロカロリー、妊活中の女性にも優しいルイボスティーですが、和食と合わない場合もあるでしょう。普段から和食中心の生活を送っている場合は、緑茶ふうのグリーンルイボスティーを選びましょう。

妊活・不妊におすすめのルイボスティー商品紹介

エルバランシア ルイボスティー

ルイボスティーの上位1%、最高品質のグレードを持つ「スーパーグレード」を使用しています。高品質の茶葉なので有効成分の含有量が非常に多くなっているルイボスティーです。

エルバランシア ルイボスティーの
妊活効果をCHECK

ティーライフ ルイボスティー 

モンドセレクション2017受賞の実績もある人気のルイボスティーです。他では真似できないこだわりと技術で、クセがあるといわれていたルイボスティーを味わいまろやかで、煮出さずに成分が出やすいルイボスティーにしています。

ティーライフ ルイボスティーの
妊活効果をCHECK

ハッピーブレッシング オーガニック・ルイボスティー 

南アフリカ共和国で広大なルイボス農園を経営する会社から、有機JASに認定された原料のみを使用しています。茶葉はこだわりの5段階カット製法で、従来のルイボスティーに比べて香り高い風味とクリアな味が楽しめます。

ハッピーブレッシングのルイボスティーの
妊活効果をCHECK

「赤ちゃんができた」の報告多数!烏骨鶏の卵酢ってご存知ですか?