妊活卒業のために!授かる身体づくりをサポートする飲み物を紹介

授かるカラダづくり 妊活・不妊におすすめの飲み物カタログ

TOP » 考えすぎはストレスのもと!妊活・不妊のギモンやお悩み相談 » 結局どの栄養成分が大事なの?

結局どの栄養成分が大事なの?

こちらのページでは、葉酸、鉄分、亜鉛、カルシウムなどの代表的な妊活成分と、期待される効果についてご紹介していきます。

妊活サプリによくある栄養成分

葉酸

葉酸は妊娠3か月目までの赤ちゃんが必要とする成分です。赤ちゃんの身体の重要な部分をこの時期までにほぼ形成されるため、特に妊娠初期の葉酸摂取は厚生労働省も積極的に勧めています。

鉄分

女性は妊娠すると、8割の方が貧血になると言われています。これは胎盤形成にたくさんの鉄分が必要だからです。鉄分不足で治療が必要と判断されると、医師から鉄分サプリが処方されるぐらい、妊婦には鉄分が必要です。

亜鉛

お腹の赤ちゃんは細胞分裂を繰り返して大きくなります。その細胞分裂を促す栄養素が「亜鉛」です。母体の亜鉛が足りない状態になっていると、子供は低身長や低体重のような発育不全の心配がおきます。

カルシウム

女性は妊娠すると骨粗しょう症になるリスクが高まります。これはお腹の赤ちゃんがカルシウムを必要とするため、母親のカルシウムが減少してしまうからです。そのため、妊娠前からも女性はカルシウムを蓄えておき、赤ちゃんに必要なカルシウムを送ってあげる必要があるのです。

妊活中から摂取しておきたい上記の成分ですが、毎日の食生活で摂取することが難しいため、サプリメントなどから摂取することを病院などでも推奨しています。

妊活サプリは効果ない!?

集中的な栄養摂取は確かに身体にいいけど…

1つの成分に頼りすぎても妊娠できない

特定の成分が妊娠と直結するわけではありません。特に「葉酸」は、厚生労働省によって認定されているものの、それは赤ちゃんが健康に育つために必要な成分であって、妊娠に必要な成分ではないのです。サプリメントはあくまで補助的に使用し、母体トータルの健康を考えるならば当サイトのTOPページにあるような別の摂取の仕方も考えてみると良いでしょう。

「赤ちゃんができた」の報告多数!烏骨鶏の卵酢ってご存知ですか?